突然の災害に備えて蓄電池を設置しよう~フルパワー蓄電池~

一軒家

使用する塗料に注目

塗装

外壁塗装を行なうことで、防水効果と耐久性を維持して、建物を長持ちさせることができます。川口市で外壁塗装を行なうなら、使用する塗料に注意したほうが良いです。塗料によって耐久性は異なります。

費用に合わせた工事

外観

大阪のリフォームを行なう会社では、質の良いエクステリア工事を行なってくれます。門柱の設置やウッドデッキの施工など、家の印象を大きく変えてくれるでしょう。予算に合わせた施工を行なってくれるので、誰でも手軽に依頼することができるでしょう。

地震に備える

作業員

地震大国の日本では、耐震改修をして地震に備えることが重要になっています。1,000万円と高額な費用を支払って大規模に耐震改修を行なうこともできますが、一部分だけ耐震改修を行なうこともできます。

災害時に活躍する

作業員

太陽光発電やオール電化など、電気を活用した設備が徐々に増えてきていますが、その1つに蓄電池があります。蓄電池とは、電池を貯めることができる設備のことです。蓄電池を導入することで、貯めた電気を必要なときに使用することができます。太陽光発電と連携すれば、昼間に蓄電池にたくさん電気を貯めるということもできますし、コンセントから充電するように電気を貯めることもできます。災害時には停電することも多いですが、そのような場合、復旧するまで電気を使用して動く家電などは全て使えなくなるのでとても不便です。蓄電池を設置すれば、貯めておいた電気を活用するので、停電時でも困らずに済むのです。蓄電池を設置するメリットは、電気代を減らせることです。夜間の電力は昼間よりも安いので、夜間に蓄電池に電気を貯めておいて、電気代が高くなってしまう昼間に蓄電池の電気を使うことで、節約することができます。太陽光発電、オール電化などのシステムを使用している家庭では便利に活用することができます。

蓄電池で設置するなら、湿度が高い場所は避けたほうが良いです。安全に使用するためにも、温度がゼロ度以上の環境に設置すると良いでしょう。また、月1回のペースで充電しておくと、満タンの電力を確保しておいて、災害時に活用することができます。便利な蓄電池ですが、1kwhあたりで数十万円と決して安くないので、しっかり考えて購入する必要があります。蓄電池を選ぶときは、電池容量、種類、充電時間、価格、寿命などのポイントをチェックしておいたほうが良いです。使い方やどういう目的で設置するのかを考えることで、最適な蓄電池を選ぶことができます。